志望動機とは何か|志望動機の例文や添削の仕方について知りたい方のために

志望動機とは一体何なのか

志望動機とは、そもそも何なのでしょうか。志望動機とは「何故その学校に入りたいのか」という根本的な目的のことです。何故に他の学校ではなく、その学校でなくてはならないのか、その学校でどのようなことを学びたいか、またどうして学びたいのかなどといった受験の理由のことなのです。例えば「私はこの学校で勉強だけではなく、部活にも力を入れて文武両道を目指したい」などといったことです。

志望動機とは何か

履歴書

何故志望動機が必要なのか

志望動機とは、言い換えれば受験生が持っている「やる気」のことであると言えます。やる気のないままに「ただなんとなく」という理由で学校に入ってしまっては、何をして良いか分からず勉強にも身が入らないかもしれません。残念ながら、良い学校に入ってもこの動機が定まっていないために、入学後に燃え尽きてしまう学生も実は多いのです。そこで、受験する目的を事前にはっきりとさせておくことが重要なのです。

志望動機は学校側も重視している

志望動機が重要なのは、何も受験生の側だけではありません。学校側も通うことになる学生を選ぶための基準として、そして合格して実際に通うことになった時のために学生の「志望動機=やる気」をちゃんと見ているのです。残念ながら学力の高い受験生であっても、いい加減な志望動機では、やる気がない人であると見做されてしまうことになるでしょう。

志望理由書を提出する必要がある

そのため、学校は受験生に志望理由書の提出を求めています。願書に伴う正式な書類であり、面接試験でも使用される重要な書類です。筆記試験の成績は良かったが、書類不備や面接試験で不合格とされてしまっては悔やんでも悔やみきれません。そこで、実際に受験で志望動機を意識した経験がある学生の口コミを紹介します。これらを参考にしっかりとした志望動機を見つけましょう。

学生に聞いた志望動機の口コミ

志望動機が決まらずに困っていました

受験のすぐ前まで、あいまいな理由しか思いつかず、本番でちゃんと答えられるか不安に思っていました。でも、塾の先生に相談してみて、自分が何を目的にしてその学校を受験するのかが、はっきりと見えるようになり、安心して勉強できるようになりました。

早くから意識を固めることができた

私の通っていた塾では、早いうちから志望動機を意識していくことが大切だと教えられていました。なので、早くから志望動機をはっきりとさせることを意識していました。受験の前にも、何度も志望理由書の書き方も教えてもらい、困ることなく受験に挑むことができました。

広告募集中