代表的な志望動機とは|志望動機の例文や添削の仕方について知りたい方のために

代表的な志望動機とは

女性

志望動機を意識しよう

志望動機を書くためには、普段からの意識が重要です。何のために勉強するのか、勉強したことを糧にして将来はどのような人物になりたいのか、などといった受験生の意識が問われます。改めて考えてみることは、難しいことかも知れません。しかし、この基本を踏まえておくことが学びの大切な基礎となるのです。

志望意識に大切なことは

志望動機は、前向きな動機を述べることが特に重要です。志望動機は、受験生の学ぶ意欲を測るための基準です。もしもネガティブな理由を挙げてしまった場合は、やる気を疑われてしまうかもしれません。作成する時に志望動機がネガティブなものであると感じたら、ポジティブな理由に言い換えてみるように気を付けましょう。

指導を受けることも大切

自分でははっきりと考えているつもりでも、いざ志望理由書を書いてみると、書面では上手く書ききれないということは良くあることです。そこで、進学塾の講師などに添削を受けることも大切です。自分では気づかないことも、指導を受けることで明確になっていくことでしょう。まずは以下のランキングと例文を参考にして、志望理由の下書きを作成してみましょう。

志望動機人気ランキング

no.1

その学校で学びたいことがある

志望動機人気ランキングの第一位は「その学校で学びたいことがあること」です。学ぶために学校に行くのですから、当たり前のことです。だからこそ、この基本をはっきりと示していく必要があるのです。

no.2

その学校の校風に惹かれたから

志望動機で人気ランキングの第二位は「校風に惹かれた」ということです。学ぶからには環境が重要、学校の雰囲気も志望動機によく挙げられる例です。部活動の活発さや、教育方針など、その学校の特色を挙げましょう。

no.3

進学の実績が高い学校だから

志望動機の人気ランキング第三位は「進学実績が高いこと」です。中学や高校ではさらにその先の進学を見据えることも、大切です。その学校でどのように学び、次はどのような学校へ進学したいのかアピールしましょう。

例文を参考にしよう

こちらでは、さらに具体的な志望動機の例文を見ていきましょう。段落ごとに分け、伝わる文章を書くことを意識しましょう。良い文章を書くためには、多くの手本となる文章を読むことも肝要です。これを参考にすれば、何を目的として受験するのか、より明確な志望動機を得ることが出来るでしょう。

志望動機例文

まずは学校を志望した動機を書く

私は将来、国際社会で活躍するビジネスマンになることを目指しております。そのため、に習得した語学の実践に重きをおいておられる貴学の外国語学部で、国際社会で通用する語学を学びたいと希望しております。

きっかけとなったエピソード

私の叔父は輸入雑貨店を経営しており、ビジネスに必要なことは、経験を積むために直接赴いて人と接する行動力である、と常々語っております。また叔父は仕事で訪れた海外での思いもよらぬ経験や、そこから得た教訓について熱く語ってくれました。

エピソードを掘り下げて書く

私はそれらの話を聴いて、現地で学ぶことが何よりも大切であると痛感いたしました。若く体力にあふれるうちから、積極的に世界の文化に触れたいと考えています。そして、商売だけではなく、日本と世界の文化を繋ぐ仕事をしたいと考えています。

学校に入って学びたいことを強調する

そのためには、まずコミュニケーション能力を磨くことが必要であると考えました。そのため、海外研修に力を入れ、生きた語学を目指しておられる貴学で学ぶことが、最良の選択であると考えて、貴学の外国語学部を希望いたしました。

広告募集中